熊本地震からの再建

大雨洪水警報と道の駅の休館が重なり久しぶりの休みを取っています。
ホームページも久しぶりの更新となります。

熊本地震から2年が経過し、半壊になった作業場を解体してからようやく新しい作業場がほぼ完成しました。
作業場と併設してパン製造のスペースを設け、パンの製造も始めました。
生産した野菜と地元農産物を使い、卵と乳製品不使用の食パンをメインに製造しています。

まだまだ外壁や外回りの左官作業が残っていますが、作業の合間、梅雨の合間にやらなくてはいけません。

今後は追々更新します。

バジルの定植

バジル

今年もバジルの定植が終わりました。

先月の白ネギから始まり、ミニトマトも準備中です。

にんにくの追肥

 

前日は阿蘇山の火山灰が降り、うっすらと被りましたが影響もなく今年は順調に育っています。

5月には収穫です。

年の瀬

物産館の出荷は続きますが、市場への出荷は本日で終了です。

今年は阿蘇山の噴火による降灰で一時的ではありましたが、ハウスも灰に覆われてしまいました。その後の雨で流されてはいますが、早く静まることを願うばかりです。

IMG_5225.JPG

IMG_5227.JPG

IMG_5287.JPG

熊本の伝統野菜などの定植

20140514-015907.jpg

熊本で古くから栽培されていた野菜を植え付けました。

地きゅうり、春日ぼうぶら、赤なす。
その他、大成なす、甘とうがらし。

次回は水前寺菜を定植します。

ほうれん草の収穫

ほうれん草

 

種を蒔いてから約50日。間もなく収穫です。

ほうれん草の収穫が終わるとトマトの準備に入ります。

トマトの準備期間は4月〜5月の間、堆肥を入れて土を作り畝を立て6月の定植に備えます。

ミニトマトの準備

20140302-075119.jpg

小松菜、ほうれん草を一部残し、ミニトマトの準備に取り掛かっています。
写真のハウスは少し小さめで、中央の列にはミディトマトのフルティカを定植します。
今年は寒かったり暖かかったりの春ですが、まだまだ氷点下も続く予報の南阿蘇なので、定植は4月の中ほどになりそうです。

かぶの収穫

20131225-154651.jpg

連日、霜が降りる寒さで小松菜もゆっくりとしています。

今日は干し大根用の大根と一緒に かぶ の収穫をしました。年末にかけて直売所に並べます。